子宮筋腫の摘出手術(開腹手術)の体験談

わたしの中にある筋腫

筋腫の話

わたしの子宮筋腫歴8年を公開してみます

更新日:

こんにちはソルトです。

今回は思いがけず約8年もお付き合いしてしまった筋腫について、お話してみたいと思います。

子宮筋腫への気づき

最初に筋腫があると知ったのは31歳のとき。

たしか、、、軽い気持ちで市町村の無料婦人科検診を受けた時です。

先生からは「筋腫がありますね。3~4cmピンポン玉くらいの大きさのがひとつ。

でも、成人女性の3人にひとりはあると言われている良性のコブなので問題ないです。

大体1年に1cm程度大きくなると言われているので、何か自覚症状が出てツラいんです!とか、

筋腫のサイズが大きくなってきたら、対処方法を考えてみたらいいと思います。

色々と困った事が起きやすいとか、まれにガン化したりする目安は10cmくらいかな。」とのこと。

生理痛はありましたが、それ以外は全く自覚症状はなかったです。

筋腫、しばらく放置

なら問題ないかと思って、生理痛は毎月〇ブを飲んで我慢して、

数年間ずーーっと放置してました。(年1回程度は経過観察とガン検診だけは受診)。

ですが38歳の夏頃、急にお腹に凹っとした固いものを感じたのです!

最初はいつもの便秘のせいかと思ったけど、ちょっと様子が違う。。。

筋腫がもしや大きくなってガン化したのでは!?と心配になって久しぶりに病院へ。

(実は2年ほど、忙しさにかまけて婦人科検診へ行ってなかった。)

この時、先生から「今、約10~11cm、重さは約1.5~2kgいかないくらい。小ぶりなカボチャ程度かな。あと、約4cmくらいの新しいのが出来てますね。ひどい自覚症状がないなら問題はなさそうです。」とのお答えが。

10cm超えたら要注意と聞いていたので、思い切って手術も検討している話をしてみると、

「生理痛以外の自覚症状がないなら、体に負担もかかりますので、私は手術はおすすめしていません。ですが手術をご希望されているなら、こちらではできないので手術設備のある病院へ紹介状をお書きします。」と言われたので、その場合はどうなるのか色々聞いてみました。

手術を決意するまで

今までお世話になっていたところは、産科メインのクリニックのため手術は行っておらず、筋腫摘出手術を希望する人へは総合病院へ紹介するスタイルのようでした。

といいますか、総合病院ではない婦人科のクリニックはどこもそういう感じらしいです。

そのとき確認できた内容は、下記の通り。

  • 子宮筋腫摘出手術は約6か月~1年待ち。早いところでも約3~4か月後。
  • 10cm超えとサイズが大きいので、おそらく開腹での手術&入院期間は約1週間~10日。 自宅での療養期間はプラス2週間ほど。
  • 大学病院は重篤患者優先のためおそらく受入れNG、近隣の大きな総合病院を2~3か所案内可能。

【デメリット】

  • 手術するともし今後妊娠した場合、有無を言わさず帝王切開になる。
  • 閉経するまで筋腫は出来るので、たとえ手術をしても再発する可能性がある。

手術となれば会社を結構な期間休まなくてはいけないので、勤務先の直属の上司に長期で休んでいいか確認し、OKをもらえたので思い切って手術をする事に決めました!

ここまで約7年。

手術をする!と決めてからも色々あり、そこから約1年後の39歳の時に無事手術を終えました。

TOTAL8年でひと区切りつきました。

 

-筋腫の話

Copyright© わたしの中にある筋腫 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.